YouTube Kidsアプリの保護者による使用制限が実用に耐えない

YouTube Kidsアプリに保護者が承認したコンテンツやチャンネルのみを視聴させる機能が追加されました。

設定方法は、こちら(YouTube Kids 保護者向けガイド)

大変期待していたのですが、残念ながら実用に耐えませんでした。

その理由は、視聴を許可する動画を選択する画面の使い勝手の悪さ、です。

(使用しているのがiOS版なので、その前提です。)

許可したい動画を探すには、検索をするしかないのですが、

検索結果が、横スクロールの一列のサムネイルで表示されます。一覧性に欠ける。

これでは目的の動画になかなか辿り着けないので、検索ワードを増やしましたが、目的の動画が出てこない。

目的の動画のタイトルそのままを入力したけれど、はやり出てきませんでした。

Google側の設定する子供向け動画のリストに入っていないということかもしれません。

でも、そこはすべての動画から保護者に選ばせましょうよ。

あと、許可する動画を選ぶのは大人なので、子供向けに検索結果を一列で表示するのではなく、一覧性のある画面にして欲しかった。

今後、改善して欲しいところですが、あまりできない気がします。

許可した動画のみを視聴できるホワイトリスト機能もよいですが、

許可した動画のみ視聴をブロックできるブラックリスト機能も欲しいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする